ツヤのあるまとまる髪になる方法をご紹介

こんな人はパーマがかかりにくい!パーマがすぐ取れてしまう人の特徴を青森の美容師が解説

パーマ

パーマをかけてみたけどすくに取れてしまった…

パーマをしたいけどどうせすぐなくなっちゃうし…

髪質によって、パーマとの相性は様々ですが、そんな取れやすい理由を知ることが、とれやすい・かからないなどのお悩みを解決します。

プロフィール | 青森市 美容師 川合じん
川合 甚(かわい じん)経歴山野美容専門学校卒業2012年 関東大手サロン入社(さいたま市の支店勤務)トップデザイナー、副店長2020年退社現在青森県、青森市のサロン「Natural新町青森店」勤務&...

こんな人はパーマがかかりにくい!パーマがすぐ取れてしまう人の特徴

パーマをかけてもなかなかうまくいかない人は

・乾くとすぐなくなる
・パサつく
・ゴワゴワになる
・スタイリングができない
・シャンプーすると無くなってしまう

などがあると思います。

 

そんな人の髪質は

『柔らかく細い髪質』

『硬く細い髪質』

『パリッとした髪質』

『硬くて太い髪質』

『ダメージ毛』

などの場合がありますが、かかりにくい場合でも

『むしろ綺麗なパーマをかけれる髪質』か『かけてはいけない髪質』の2種類しかありません。

パーマがかからない場合

パーマがかからない場合は、

『もとの形に戻ろうとする力が強い』
『髪の芯が無い場合』

この2つだけです。

 

パーマをかけたときに

・『濡れているときはパーマが出るけど、乾かすとなくなってしまう』
・『濡れていつときからパーマが無い』

この場合は『もとに戻ろうをする力が強い』です。

 

・『濡れたときにパーマがあるけど、乾くとバサバサになってしまう』
・『大きいカールでパーマをしたのに、細かいウエーブで乾くとパサつく』
・『すごく痛んでしまった』

この場合は『髪の芯が無い』髪質です。

もとに戻ろうをする力が強い場合

パーマは、髪の中の結合を切って、曲がった状でつなげることでパーマがかかります。

簡単に表すとこのようになっていて、薬剤で反応した部分の結合が曲がる形になるのです。

 

ですが、一度のパーマですべての結合が変わるわけではありません。

たくさん切るには、強い薬が必要になり、一度に結合を切るほど髪はダメージしてしまいます。

黒の結合が多いほど、パーマが出なくなり、赤の結合が多いほど、パーマがかかって見えます。

この反応した結合より、反応しなかった結合が多いと、髪がもとに戻ってしまうのです。

ですが、一度反応した『曲がる力』は残っていて、ヘアスタイルに表れていないだけなので、もう一度かけば、しっかりパーマが出ます。

 

一回のパーマで、この結合を何とかしようとすると非常に髪が痛んでしまうので、弱い薬で、繰り返しかけることで、ツヤのある綺麗なパーマがかけれます!

 

注意したい部分が、一度かけてかからなかったからと言って、強い薬でかけてしまうと大きなダメージになったり、かかりすぎてしまいます。

この場合、パーマが伸びてしまっても髪の中には残っているので、あと少しだけ反応させてあげれば十分なのです。

 

薬の反応する場所が違う

髪の結合が実は、もっと細かく存在しています。

表面の結合と中の結合が大きく関係するのです。

使う薬によって、紫の『表面の形を変えるもの』と青の『中の形を変えるもの』があります。

かかりにくい人は、『髪の表面』か『髪の中』のまっすぐになる力が強いのです。

 

なので、これが理由でかからなかった場合、薬を変えれば解決します。

美容師の経験や、施術履歴が無いとなかなか判断しにくい部分ですが、この判断は、美容師さんがしてくれるので、信頼できる人にお願いしましょう。

この場合、正しい方法でかければ、むしろ綺麗にかかります。

髪の力が強い = パサつきにくく、ツヤも出やすいです。

パーマでのダメージもしにくいので、無理に強い薬でパーマをしない限り綺麗なパーマスタイルになります。

 

気を付けたいポイントは

・一回目のパーマはかからないものだと思う

『一気にかけるとすごく痛みます。』

・短い周期で2.3回を目安にかける

『2回目は、1か月以内、3回目は完全になくなる前にを目安にかけましょう』

髪に曲がる力は残ってくれているので、弱い薬で少しずつパーマをかけていくとすごく持ちのいい綺麗なパーマになります。

髪の芯が無い場合

この場合はパーマをあきらめなくてはいけません。

どんなにうまい美容師でも綺麗にかけることができないのです。

 

・髪のダメージで芯がなくなってしまった

・エイジングにより髪が弱っている

・もともと芯が弱い

などの原因で髪の芯がなくなってしまいます。

 

『繰り返しのカラー、縮毛矯正、デジタルパーマ、日々のアイロン』でパーマがかからなくなり、『頭皮の栄養不足、毛根の詰まり、毛穴の変形』でも髪の芯がなくなってしまいます。

悩む女性イラスト

チェック方法

髪の芯が無いのかをチェックする方法は、

『髪を濡らしてみてください』

芯の無い髪は濡れると、『すごく柔らかく』なります。

 

また、一本だけ濡れた髪をつかんで、引っ張ってみましょう。

ゴムのように伸びて戻りにくければ、髪の芯がなくなってしまっている状態です。

パーマができない理由

髪の芯とは、『タンパク質』のことです。

この『タンパク質』が、パーマで変える髪の結合に直結していて、これが少なくなくなってしまうと、

・薬剤を使ったときに、すべて切れてしまいボロボロになる。

・固まっていて、薬剤に反応せず、ダメージだけが残る

ということが起こります。

 

つまり、『パーマで変えるためのもの』が髪の中に無いのです。

この状態でどんなパーマをしても『だたダメージするだけ』になってしまうので、パーマはあきらめましょう。

 

生まれつき、芯が弱い人は少ないですが、ダメージでうまくかからない人は非常に多いです。

・ヘアアイロンを使う人

・ブリーチをした人

・縮毛矯正をした人

・デジタルパーマをした人

・カラーを頻繁にする人

このような人は、パーマはできません。

もし美容師さんに『私ならできますよ』といわれても絶対にしてはいけません。

 

確かにブリーチ毛などでもパーマがかけれる方法はあり、しっかりと勉強している美容師なら可能ですが、それでも『失敗のリスク』があります。

綺麗にかかったときは『運がいい』だけで、バサバサになることもあるので、イチかバチか覚悟がないならパーマをしてはいけません。

パーマがかかりにくい人へ

パーマがうまくいかなかった人も『ほんとはきれいにかかる髪質』の場合と『かけてはいけない髪質』の人がいます。

自分での判断は難しいので、まずは相談してみましょう。

今までのパーマの方法が間違っていただけなら、きっと綺麗なパーマを楽しむことができます。

 

また、かけてはいけない髪質の場合は、『美容師に騙されない』ようにしましょう。お金をかけて、髪をボロボロにするだけです。

 

担当の美容師さんがいないという方は、お気軽にご相談ください。

髪質となりたいイメージをお聞かせいただき、お悩みを改善いたします。

こだわり | 青森市 美容師 川合じん
髪のお悩み、なんとかしたいけど忙しさのあまり自分のことは後回し‥どんなケアがいいのかわからない‥そんなお客様もご安心ください!お客様のお悩みに真剣に向き合い、最適な方法で解決することでいつでも、どこで...

 

この記事を書いた人
川合 じん

青森県青森市で美容師をしている川合じんです。ツヤツヤでまとまる髪と提供する美髪専門サロン『Natural』に勤務しています。
マンツーマン対応で、お客様のお悩みに真剣に向き合うことで、理想の髪を提供いたします。
髪のお悩みを抱える方や、美容室に不安を抱えるな方は是非一度ご相談ください。

川合 じんをフォローする

ラインでのご相談も承っております。

LINE Add Friend

ご予約はこちら

クーポン・メニュー選択(ナチュラル 青森新町店(Natural))|ホットペッパービューティー

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました