ツヤのあるまとまる髪になる方法をご紹介

パーマのスタイリング方法!スタイリング剤の選び方を青森の美容師がご紹介

パーマ

パーマをかけたときのスタイリングってなかなか難しいですよね…

美容室では、綺麗になっても同じように再現するのはむずかいいです。

そんな方のために、スタイリング方法とスタイリング剤の選び方をご紹介いたします。

プロフィール | 青森市 美容師 川合じん
川合 甚(かわい じん)経歴山野美容専門学校卒業2012年 関東大手サロン入社(さいたま市の支店勤務)トップデザイナー、副店長2020年退社現在青森県、青森市のサロン「Natural新町青森店」勤務&...

パーマのスタイリング方法!スタイリング剤の選び方をご紹介

パーマをかけた後にスタイリングはとても重要です。

簡単に作る方法から、さらに綺麗にする方法をご紹介していきます。

 

基本的には、パーマのかけかたによって細かいスタイリング方法は変わってくすので、『担当してくれた美容師さん』に聞くのが一番です。

ですが、どんなスタイリング剤を選ぶべきかは、普段のお手入れによっても変わるので、基本の方法をご紹介します。

 

・簡単で素早くスタイリングしたい。
・綺麗にスタイリングしたい。
・美容室クオリティーのスタイリングがしたい。

この3つのイメージでオススメのスタイリング方法が変わってきます。

簡単で素早くスタイリング

スタリングに時間をかけたくなくて、簡単にスタイリングしたい場合は、『ムースでのスタイリング』がオススメです。

このスタイリングは、綺麗に作ることはできませんが、形やパーマの雰囲気を簡単に出すことができます。

夜シャンプーした後に

シャンプーしたから、乾かすときにパーマは伸びてしまいやすいです。

なので、完全に乾かすとをあきらめましょう!

 

根本をしっかり乾かして、毛先は、水分が残る状態で構いません。

乾かし方

根本は濡れていいると、形が綺麗にならないので、パーマが伸びない範囲で乾かし、毛先にドライヤーが当たったときにパーマが伸びそうなら、そこでドライヤーを止めます。

 

そして、『洗い流さないトリートメント』をしっかりつけましょう。

自然乾燥は、かけた通りにパーマが簡単に出てくれます。

ですが、髪は自然乾燥でダメージするのででトリートメントを必ずつけてください。

 

デメリットとしては、ツヤは出にくいです。

朝起きたら

朝起きたときに髪の状態が、ある程度綺麗であれば、『そのままムースを毛先に揉みこんでください』

ムースのスタイリング剤は、水分がほとんどなので、パーマが簡単に戻ってくれます。

 

寝癖がひどい場合は、軽く濡らしてからムースをつけましょう。

水

綺麗にスタイリングしたい。

ある程度パーマに慣れていたり、綺麗にスタイリングしたい場合は『クリームや、トリートメントワックス』などがオススメです。

ポイントは、『べたつきの少ない髪全体に馴染みやすいもの』です。

 

ワックスとトリートメントを手の中で混ぜるのもオススメです。

夜の乾かし

シャンプー後はしっかり乾かしましょう!

しっかり乾かしたほうが、形をキープしやすくツヤが出ます。

パーマを伸ばさないように乾かすのがポイントです。

 

・根本からしっかり乾かす

乾かし方

この時はあまり丁寧さはいりません。『根本に風を当てる』を意識して乾かしましょう。

 

・毛先は優しく

毛先を乾かすときにパーマが伸びてしまいます。

ドライヤーの風を弱くしたり、引っ張らないように乾かしましょう。

ドライヤーの当て方

最後に手で形を作り『冷風で冷やすと』ツヤがでて、しっかりとしたカールになります。

朝のスタイリング

起きたときには、少し髪に水分を与え、整えていきます。

この時濡らしすぎてしまったらドライヤーをしていきましょう。

水スプレーか、濡れた手で揉むようにしていくことがオススメです。

 

スタイリング剤は、髪全体に馴染みやすいものを使います。

 

『クリーム』『トリートメントワックス』『トリートメントとワックスを混ぜる』

このようなスタイリング剤です。

 

毛先を中心にしっかりをなじませることで、『毛束』ができて綺麗にスタイリングができます。

 

できる範囲で構わないので、少しずつ練習していくといつまでのパーマスタイルを楽しむことができます。

美容室クオリティーのスタイリングがしたい。

これは、上級者向けの方法です。

基本的には、『綺麗にスタイリングする方法』と同じなのですが、最後の一工夫があります。

 

『トリートメントワックス』と合わせて『ハードワックス、スプレー』を使う方法です。

ワックス

夜の乾かしでは

先ほどの『綺麗なスタイリング方法』と同様で、根本を乾かしていきます。

 

そして最後に『冷風』が重要です。

髪の方向と同じ方向に風を当てて、毛先はカールの状態を手で作っていきます。

温まったものが冷えるときに髪の形がつくので、この冷風をくわえることで、よりきれいになります。

朝のスタイリング

途中までは、先ほどと同様で、毛先中心の髪全体に、スタイリング剤をなじませていきます。

この時も、トリートメントワックスを使いましょう。

オイルはツヤは出ますが、パーマが伸びてしまいます。

 

形がある程度作れたら、『ハードワックス』を使用します。

ハードワックスを指先だけにつけて、毛束をつまむようにしていきます。

ポイントで、ハードワックスがつくことにより、質感が変わり、立体感が出てくれるのです。

これをすると、作ったスタイルが崩れにくく、綺麗をキープすることができます。

 

作った最後にスプレーをかけるのとさらにキープできます。

まとめ

いかがでしたか?

以上の3つの方法がパーマを出す使いリング方法です。

 

初めてパーマをかけた人は『簡単な方法』でムースでのスタイリングをしていきましょう。

なんとなくスタイリングができる人は、『綺麗にスタイリング』の方法を練習していきましょう。

クオリティーを求める人は最後の方法を挑戦してみてください。

 

一番は、スタイルを作ってくれた美容師さんに聞くのが、最適な方法を教えてくれますので、ぜひ相談してみましょう。

 

この記事を書いた人
川合 じん

青森県青森市で美容師をしている川合じんです。ツヤツヤでまとまる髪と提供する美髪専門サロン『Natural』に勤務しています。
マンツーマン対応で、お客様のお悩みに真剣に向き合うことで、理想の髪を提供いたします。
髪のお悩みを抱える方や、美容室に不安を抱えるな方は是非一度ご相談ください。

川合 じんをフォローする

ラインでのご相談も承っております。

LINE Add Friend

ご予約はこちら

クーポン・メニュー選択(ナチュラル 青森新町店(Natural))|ホットペッパービューティー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました