マスクで前髪がうねる!うねらない予防方法と工夫を青森の美容師が解説

髪のうねり

コロナウイルスの影響で『マスク』が必需品になっています。

そんなときの女性の悩みが、

マスクの湿気で前髪がうねってしまうことです。

 

そんな前髪のうねりを予防する方法をご紹介いたします。

 

プロフィール

川合 甚(かわい じん)

プロフィール | 青森市 美容師 川合じん
川合 甚(かわい じん)経歴Natural青森新町店の川合 じん(かわい じん)・2012年山野美容専門学校卒業・2012年関東大手有名サロン就職・トップデザイナー 副店長経験 年間指名1719名・2...

マスクで前髪がうねる!うねらない予防方法と工夫

マスクをつけていると、気になるのが『前髪のうねり』です。

どんなに朝頑張っても、マスクによる湿気でスタイリングが台無しに…

なんてことも多いと思います。

 

完全にうねりを出なくする方法は難しいですが、予防することはできます!

 

・マスクの隙間を無くす。

・コーティングで髪を保護する

・夜の乾かしをしっかり

・アイロンでしっかりと伸ばして、ドライヤーの冷風を使う。

・スタイリング剤でキープする

この5つの方法です。

美容室でする梅雨のうねり対策!クセ毛さんオススメの方法とNG方法を青森の美容師が解説
梅雨の雨の日は、うねりが気になります。 せっかく綺麗にスタイリングしたのに… 雨の日は髪が広がる… などのお悩みを抱える方も多いのではないでしょうか? そんなお悩み解決のために、オススメの方法とやってはいけない方法をご紹介いたします。 梅雨のうねり対策!クセ毛さんオススメの方法とNG方法 湿気の時期や、雨の日は気の...

 

マスクの隙間を無くす

前髪をうねらないようにするには、マスクの隙間を減らすことが一番大切です。

しっかりとフィット感のあるマスクを使っていきましょう。

 

特にノーズフィッターなどが入っているマスクがオススメです。

『眼鏡を曇らないようにするあれです』

吐息などでの湿気が前髪に当たらないようにするのが一番の解決方法になるので、眼鏡が曇らないマスクは非常に効果を発揮します。

 

鼻にしっかりとフィットさせて、額に吐息がいかないようにしていきましょう!

ティシュを一枚挟む方法も効果的なので、鼻の隙間を埋めるように挟んでみてください。

コーティングで髪を保護する

この方法は前髪に限らず有効な方法です。

髪が濡れている状態から、洗い流さないトリートメントでしっかりと保護して、ドライヤー後もトリートメントで保護していきます。

 

髪は水分を余計に含むことで、うねりが戻ってしまうので、水分を含まないようにブロックすることが大切です。

 

注意点として、

前髪はつけすぎてしまうとベタベタになってしまうのでつけすぎには注意していきましょう。

 

使うトリートメントは、オイルがオススメです。

オイルは髪をコーテイングする力があるので、オイルで髪の表面をしっかりコーティングをしていきます。

オイルをつけた後にドライヤーを当てることで、余分なオイルの水分が蒸発し、コーティング成分だけが残ってくれます。

コーティング

 

夜の乾かしをしっかりする

暑い日が続くとついドライヤーが面倒になってしまいますが、しっかりと乾かしていきましょう。

濡れたまま放置してしまったりすると、髪の中の水分が飛びすぎてしまうのです!

乾かしが甘くなってしまったり、濡れたままで放置された髪は、髪の中の水分が過剰に出ていってしまい乾燥した状態になります。

お風呂上りに、化粧水をつけずにそのまま放置していると肌がカピカピになりますね?

これと同じように、髪の水分も自然乾燥では、過剰に乾燥してしまうのです。

 

この乾燥した髪は、水分を再び含みやすくなり、湿気を含むことでうねりにつながってしまいます。

 

ドライヤーでしっかり乾かすだけで、髪の中に水分を閉じ込めてくれて、余分な水分を含むことを予防してくれます。

乾かし方

髪を早く乾かす5つの方法!青森の美容師が髪の乾かし方の裏技をご紹介!
髪を乾かすのって面倒ですよね。 暑い日はもちろんドライヤーはしたくないですし、髪の長い女性は特に時間がかかります。 髪の短い僕でさえ面倒に感じるので、お客様から『ドヤイヤーの時間を短縮したい』とのお声も多いのもうなずけます。 そんな人のために僕がお客様にお伝えしている『髪を早く乾かす方法』をご紹介いたします。 髪を早く乾かす5つの...

アイロンで伸ばしたり、ドライヤーの冷風を使う

ヘアアイロンもやはりとても有効です。

ですが注意したい点として

乾燥した髪になってしまうとうねりが戻りやすくなります!

 

ただアイロンをするだけでは、髪を乾燥させるだけで、湿気で影響しやすい髪になってしまいます。

アイロンをするときは、熱を加える前に、髪の中の水分補給がとても大切です!!

 

洗い流さないトリートメントをしっかりと髪につけて、髪の内部に水分を入れてからアイロンをしていきましょう。

これだけで格段にアイロで作った髪の形がキープできます。

 

また、アイロンの後や乾かした後にドライヤーの冷風を使う方法もオススメです。

 

髪は熱で温まった後に冷えることで、形をキープしてくれます。

これは、熱によって柔らかくなった髪のタンパク質が冷えることで固まって形をキープしてくれるからです。

 

アイロンで形を作った後や、ドライヤーで寝癖を直した後に冷風を当ててうねりを抑制していきましょう。

ドライヤーの当て方

スタイリング剤でキープする

絶対に崩したくない場合はスタイルグ剤を使う必要があります。

水分の少ないスタイリング剤として『スプレー』がオススメです。

 

もちろんガチガチに固めたくないという人も多いと思いますので、あまり固まらない弱いスプレーを使うのもオススメです。

つけすぎてしまうと前髪が割れてしまうので毛先につけるイメージでスプレーをしていくと割れずに綺麗にキープすることができます。

スプレー

 

また、クリーム状のスタイルイング剤やワックスなどを毛先に軽くつけてから、アイロンで伸ばしていくのもオススメです。

クリームやワックスをつけてからアイロンを入れることで、余分なスタイリング剤の水分を飛ばしてくれて、コーティングのキープ力だけ残ってくれます。

またベタベタ感も弱まってくれるので、『じゅー』っといいすぎない程度につけてアイロンをしてみてください。

まとめ

以上が、前髪をうねらないようにする方法です。

すべて実践する必要はないですが、できそうな方法から試してみてください。

 

スタイリング剤の雰囲気に抵抗が無い方は、

・前髪の毛先にスプレーをつける

・ワックスの後にアイロンを使う

方法がオススメです。

 

また、スタイリング剤が苦手な方は

・マスクの隙間を無くす

・トリートメントでコーテイング

・ドライヤーの後に冷風を使う

この3つの方法を試してみてください。

 

 

うねる前髪におさらばして、ストレスフリーな毎日を過ごしていただけると幸いです。

 

 

この記事を書いた人
川合 じん

青森県青森市で美容師をしている川合じんです。ツヤツヤでまとまる髪と提供する美髪専門サロン『Natural』に勤務しています。
マンツーマン対応で、お客様のお悩みに真剣に向き合うことで、理想の髪を提供いたします。
髪のお悩みを抱える方や、美容室に不安を抱えるな方は是非一度ご相談ください。

川合 じんをフォローする

ラインでのご相談も承っております。

LINE

ご予約はこちら

クーポン・メニュー選択(ナチュラル 青森新町店(Natural))|ホットペッパービューティー

 

 

 

 

 

コメント