ツヤのあるまとまる髪になる方法をご紹介

パーマってどのくらい痛むの?気になる髪のダメージを青森の美容師が解説

パーマ

『パーマをかけたい』

と思ったときに、一番ご相談いただくお悩みが

『パーマってやっぱり髪が痛むの?』

という疑問が一番多いです。

 

結論から言いますと、

パーマでのダメージはほとんど軽減することができます。

 

もちろんダメージが0になることはないですが、美容師側が正しくパーマかければ、ダメージをほとんど感じることはありません。

 

ですが、

痛んでしまった経験がある方も多いのは事実です。

 

そんなことにならないために、今回は

『パーマのダメージの理由』と『パーマを綺麗に見せる方法』をご紹介いたします。

 

プロフィール

川合 甚(かわい じん)

プロフィール | 青森市 美容師 川合じん
川合 甚(かわい じん)経歴山野美容専門学校卒業2012年 関東大手サロン入社(さいたま市の支店勤務)トップデザイナー、副店長2020年退社現在青森県、青森市のサロン「Natural新町青森店」勤務&...

パーマってどのくらい痛むの?気になる髪のダメージを青森の美容師が解説

『パーマはやっぱり痛むでしょうか?』

それは、正確にこのくらい痛むとは表すことはできませんが、

『カラーでのダメージと同じくらいの髪の負担がある』

と思っておきましょう。

 

少し髪を明るくするくらいでは、ほとんどダメージを感じませんよね?

ブリーチをしたり、ハイトーンカラーにすると髪のダメージは大きくなります。

 

これと同じ感覚で、

ゆるふわのパーマではダメージを感じることは無く、

ぐりぐりパーマに近いほどダメージが大きいです。

 

『特別に痛むほどではないですが、程度によってはダメージを感じる』

というもので、大きな警戒をするほどではありません。

最近のパーマ剤はかなりダメージを抑えることができますし、美容師が日々勉強している理論でも『ダメージを最小限にする方法』がどんどん解明されています。

 

※以下の場合はパーマが絶対に綺麗になりません。
・ブリーチ毛
・縮毛矯正毛
・ハイダメージ毛
・日々アイロンを繰り返している髪
・ホームカラーをしている髪

詳しくはこちら⇩

パーマが綺麗にかかりにくい髪は?青森の美容師が解説
『髪に動きが欲しい!』 『スタイリングを楽にしたい!』 そんなときに理想を叶えてくれるのが『パーマ』です。 ですがパーマは、 綺麗に理想通りにかからないケースも多いのは事実です。 美容師の技術不足、カウンセリング不足が原因ですが、どうしても綺麗に出にくい髪の場合もあります。 せっかくパーマをしたのに...

 

ですが、『パーマで痛んだ』と思う事例もあります。

 

その理由は、

『パーマはダメージして見えやすい』ことにあります。

パーマは、ダメージして見えやすい。

実際に髪が痛んでいるのと、ダメージして見えるのは大きく違います。

 

『実際にダメージしてしまって場合』は、ケアを繰り返してもなかなか綺麗になることは難しいです。

ですが、『ダメージして見える』場合は、簡単な一工夫で綺麗なスタイルになるのです。

ダメージして見える理由

痛んでしまった髪は

『パサつき、広がり、ごわつき』などを感じますよね?

 

パーマをかけた髪をドライヤーでただ乾かすと

・毛先が広がる

・パサパサになる

・引っ掛かり指通りが悪くなる

などのことが起こりやすくなります。

 

これがダメージして見える原因です。

パーマは『髪が乾燥しやすくなる』と覚えておきましょう。

 

ストレートでクセが無い髪の方が、ツヤも手触りもよくなりやすくダメージは感じにくいのと、カールがある髪がツヤになりにくく、ひっかかりやすいのでダメージを感じやすいのです。

 

パーマは髪が乾燥してしまうので、だたドライヤーで完全に乾かすと、一本一本がバラバラになるので、綺麗に見せることができません。

このバラバラになった状態が

・ツヤが出なくなる

・引っ掛かりやすくなり

ことにつながります。

パーマのダメージの原理

パーマは、髪の表面を広げて、髪の中の形を変えていきます。

このように髪の中の成分を切って、曲げた状態でつなげるのがパーマです。

 

この反応をさせるために、髪の表面のキューティクル『ウロコ状の部分』を広げていきます。

髪の断面図

 

・キューティクルを広げる

・髪の中の形を変える

時にダメージが発生していくのです。

 

 

ですが、今のパーマは

・ほとんどキューティクルを広げない方法

・髪の中をできるだけ傷つけない方法

がありますので、

 

もともとダメージが進んでいない限り大きな心配はありません。

 

ダメージしているかも!と思う方はこちらを参考にしてください⇩

パーマが綺麗にかかりにくい髪は?青森の美容師が解説
『髪に動きが欲しい!』 『スタイリングを楽にしたい!』 そんなときに理想を叶えてくれるのが『パーマ』です。 ですがパーマは、 綺麗に理想通りにかからないケースも多いのは事実です。 美容師の技術不足、カウンセリング不足が原因ですが、どうしても綺麗に出にくい髪の場合もあります。 せっかくパーマをしたのに...
髪のダメージをチェック方法!あなたの髪は痛んでる?簡単な確認方法と改善を青森の美容師が解説
アンケート調査で自分の髪が痛んでいると感じる人は80%もいるとご存じでしたか? 痛んでいるとは感じていても実際にものすごくケアをしているという人は多くありません。 それは自分の髪のダメージをよくわからない人が多いから。 知らず知らずのうちに痛んでしまう髪… ダメージをしり効果的なケアでツヤツヤでまとまる髪を手に入れましょう! ...

綺麗に見せる方法

上記のようにパーマはダメージして見えやすいときもありますが、綺麗に見せるのは簡単で、

 

弱いスタイリング剤をつけるだけでいいのです。

 

なので、パーマをかける上での注意点は

『ただ乾かしただけでは、イメージの形にはならない』と思っておきましょう。

ニュアンスはただ乾かしただけでできますが、スタイリングを軽くすることが理想のスタイルに作る必須条件です。

 

 

濡れているときはいい感じのパーマ

パーマをかけた髪は濡れた状態では、綺麗ですよね?

※もし濡れた状態で好みでないなら、美容室でかけ直してもらいましょう!!

 

この濡れた状態の形をスタイリングで作ればいいのです。

 

髪は乾くと図のように毛先がバラバラの方向になっていきます。

毛先がバラバラの時は、『保湿』して『スタイリング剤』を毛先全体に馴染めせれば綺麗になります。

 

 

ポイントは、『保湿』と『スタイリング剤』です。

 

『保湿』

洗い流さないトリートメントは、オイルではなく、

・ミルクタイプ

・ウォータータイプ

・油分

どれかを使っていきましょう。

 

髪の中に保湿しやすいのが上記のものです。

毛先、カールを出したい部分を中心み揉みこんでいきましょう。

スタイリング剤

弱いものを使うのがオススメです。

 

髪全体に馴染ませることが大切なので、強いスタイリング剤では、難しいです。

手になじませて、全体に手櫛を入れるようにすると、勝手毛束ができて簡単にスタイリングができます。

 

私がよくオススメする方法は、

ワックスと洗い流さないトリートメントを手の中で混ぜてつける方法です。

 

混ぜることで、髪に馴染ませやすくなり簡単いにスタイリングができます。

ワックス

※混ぜるのはオイルでもOKです。

 

まとめ

パーマでのダメージは決して大きくはないのですが、ダメージして見える場合もあります。

 

『乾燥』が大きなデメリットではありますので、

・洗い流さないトリートメントでの保湿

・弱いスタイリング剤を髪全体になじませる

この2つを必ず行っていきましょう。

 

 

また、例外としてパーマをかけてはいけない場合もあるので、これには注意しておいてください。

(冒頭の※)

 

パーマをかければ、美容師さんがスタイリング方法をしっかり教えてくれますので、気軽に相談することがオススメです。

また、濡れた状態でもイメージのパーマになっていなければ遠慮せずかけ直しをお願いしましょう。

 

この記事を書いた人
川合 じん

青森県青森市で美容師をしている川合じんです。ツヤツヤでまとまる髪と提供する美髪専門サロン『Natural』に勤務しています。
マンツーマン対応で、お客様のお悩みに真剣に向き合うことで、理想の髪を提供いたします。
髪のお悩みを抱える方や、美容室に不安を抱えるな方は是非一度ご相談ください。

川合 じんをフォローする

ラインでのご相談も承っております。

LINE Add Friend

ご予約はこちら

クーポン・メニュー選択(ナチュラル 青森新町店(Natural))|ホットペッパービューティー

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました