ツヤのあるまとまる髪になる方法をご紹介

縮毛矯正とアイロン、どっちが痛む?? 青森の美容師が解説

縮毛矯正

くせが気になる、髪が広がってしまう、パサついてまとまらない…

そんな髪をツヤのある綺麗な髪にするために

・縮毛矯正で毎日を綺麗に

・日々のアイロンで綺麗を作る

 

理想のスタイルを作るのに行う方法は人それぞれですが、

気になるのは

「ヘアダメージ」

 

できるかぎり髪のダメージは抑えたいですよね!

 

よくお客様から頂く

「アイロンと縮毛矯正のどちらがダメージするのか」

をご紹介いたします。

 

 

プロフィール

川合 甚(かわい じん)

プロフィール | 青森市 美容師 川合じん
川合 甚(かわい じん)経歴山野美容専門学校卒業2012年 関東大手サロン入社(さいたま市の支店勤務)トップデザイナー、副店長2020年退社現在青森県、青森市のサロン「Natural新町青森店」勤務&...

 

縮毛矯正とアイロン、どっちが痛む??

縮毛矯正とヘアアイロンのダメージはどっちが確実に痛むとは言えません(-_-;)

 

・縮毛矯正をかける美容師、毎日のアイロンをする人のやり方

・クセの強さや髪の状態

によって大きく変わってくるので、考え方次第です。

 

僕の意見としては、継続したときに綺麗を維持しやすいのは「縮毛矯正」です!!

 

アイロンも縮毛矯正もダメージが大きくなってしまいますが

・縮毛矯正は美容師が髪の状態に合わせてダメージを抑えたり、栄養を補給したり、ケアのアドバイスをしてくれたりとできるだけ痛まないように導いてくれます。

・アイロンは気が付くとダメージが進みすぎてしまいます。

 

なので

日々ダメージを蓄積させてしまうものより

一度かけて半永久的に持続してくれるもののほうがダメージをコントロールしやすいのでオススメです。

ですが、髪の状態によってはアイロンの方が髪に負担が少ないことももちろんあります。

そして、どんな髪もアイロンの仕上がりの方が縮毛矯正より綺麗です。

なのでまずは信頼できる美容師さんに相談してみてください(^^♪

 

我々美容師はお客様の思いを一番に考えていますので

縮毛矯正でダメージしすぎる場合は、施術をオススメしませんし

髪に合わせての必要なケアもお伝えします。

ヘアアイロンでのダメージ

 

ヘアアイロンで形が変わるのは「髪の中の水分を飛ばしているから」です。

 

乾いた髪に高温を与えて、水分を飛ばしたときに形を作ります。

この「熱」と「摩擦」がダメージさせてしまう原因なのですが、

これのおかげでツヤツヤで綺麗なスタイルを思いのままに形作ることができるのです。

 

熱でのダメージ

熱でのダメージは「タンパク変性」というものがあります。

 

これは髪のタンパク質が硬く変性してしまう現象なのですが、

イメージとして

卵が固まる現象と同じです。

生卵を熱すると黄身も白身も固まってゆでたまごになりますよね?

そしてゆで卵は冷やしても何をしても生卵の状態に戻すことは出いません。

これと同じく髪のタンパク質も固まってしまうともとに戻すことができないです。

 

タンパク変性が起こると髪の中のタンパク質が固まることで

「ダメージホール」という穴ができてしまい水分や栄養を保持できなくなります。

 

なので、より

「乾燥」し「ダメージ」してしまいます。

 

摩擦でのダメージ

 

クセが強い人ほどどうしても強くはさんで引っ張りますよね。

熱を加えて引っ張ることで髪の表面にあるウロコ(キューティクル)がボロボロになってしまいます。

 

髪の表面がボロボロになると

・引っ掛かり

・ごわつき

・ツヤがなくなる

などにつながり綺麗に見えなくなってしまうのです。

 

痛ませないアイロンの仕方

タンパク変性も摩擦のダメージもたった一回で急激に痛むことはありません。

 

繰り返すことで少しずつ大きな負担になってしまうものです。

 

なので、

・高温のアイロンをさけたり

・トリートメントでしっかり保護したり

・摩擦の起きにくいアイロンを使ったり

・優しくアイロンをする意識をしたり

などでできるかぎり防いでいきましょう。

アイロンの温度調節は?最適な温度と方法を青森の美容師が解説
ヘアアイロンは、お洒落女子の必須アイテム。 スタイリングをきれいにするためにとても便利なものです。 ドライヤーのブローなどでは、どんなに頑張っての出せない仕上がりを再現することができます。 ですが、同時に髪に深刻なダメージを与えてしまうのも事実です! そんなヘアアイロンを正しく使うための『アイロンの温度』についてご紹介...

 

 

ですが、どんないいアイロンもどんなに気を付けた方法でもダメージは蓄積してしまいます。

もしダメージが進みすぎた場合、パーマもかからず、縮毛矯正もかからず、カラーも染まりにくくなりアイロンをせずにはまとまらない髪になってしまうので注意していきましょう。

 

縮毛矯正でのダメージ

縮毛矯正は髪の中の形を変えるときに

結合というものを切断していきます。

 

髪の手術のようなものでこのダメージは避けることができません。

そして、この反応をさせるために髪の表面のウロコ(キューティクル)をひろげていくのもダメージとなってしまいます。

縮毛矯正をする前に知っておきたい髪のダメージ!!青森の美容師が徹底解説
クセで悩む女性の救世主である『縮毛矯正』 髪の広がりや、湿気でのうねり、クセでスタイリングが大変… そんな髪を『ツヤのあるサラサラな髪』にしてくれる縮毛矯正は、とても魅力的なものです。 ですが、 『縮毛矯正ってどのくらい痛むの?』 『カラーやパーマをしても大丈夫?』 『ブリーチしていても平気かな?』 などの疑...

 

健康な髪ではほぼダメージを感じることはないですが

ダメージ毛ほどリスクが大きく美容室の施術の中ではブリーチに並ぶほどダメージになる施術です

 

そんな縮毛矯正も技術や薬剤が進歩しています。

今、美容業界のトレンドは「ツヤ」と「カラー」です。

ハイトーンカラーでダメージを感じる人も多いことから

「ツヤのある綺麗な髪」を追求した美容室がどんどん増えています。

 

そんな中で縮毛矯正も見直され

・ダメージを最小限にした方法や薬剤

・栄養補給しながらの縮毛矯正

・髪の状態に合わせた施術

などどんどん低ダメージになっています。

 

もちろんダメージが0になることは無いですが、

しっかり知識を持った美容師が担当すれば痛んだ髪でもダメージを感じることなく綺麗にすることができます。

魔法の縮毛矯正「ケアルーガ」

「ケアルーガ」とは

「低ダメージ」「栄養補給」

でいままの縮毛矯正でできなかった

・柔らかい手触り

・みずみずしい質感

・ツヤ

・ペタッとしない

・シャキっと硬くならない

髪質改善の縮毛矯正です。

 

今までの縮毛矯正ではどうしても

このようなまっすぐさになってしまうことが多いです(-_-;)

これならアイロンの方がずっと綺麗ですよね。

 

 

ですがケアルーガなら

 

「うねりは細かくないけどボワッと広がってしまう髪」

は従来縮毛矯正では、クセは取れても

・不自然なまっすぐ感

・硬いゴワゴワした仕上がり

・ぼわっと感は残りやすい

などのデメリットがあります。

 

そんな髪も、状態に合わせた薬剤と手法で栄養もしっかり補給しながら縮毛矯正をすることで

柔らかくプルプルの仕上がりにすることができます。

 

また、ダメージが進んでしまった髪は

本来なら縮毛矯正をかけると悪化してしまう為施術することができませんが

栄養をたっぷり補給しながら、まだ元気は根本付近にほんの少しの薬剤を使うことで

こんなにも綺麗に仕上がります。

そんなにうねりは気になっていないけど

引っ掛かりや広がりがきになる…

いろんなトリートメントをしたけど効果が無かった…

 

そんな場合も、ダメージが原因でななくうねりが原因での悩みでしたので

髪の形を綺麗にすることでこんなにも綺麗に

 

 

迷ったらまずを相談しましょう

縮毛矯正もヘアアイロンも

・どっちがダメージしないか?

・どっちが綺麗か?

は髪の状態や美容師、アイロンする自分自身

によってかわってきます。

 

そして縮毛矯正のやり方によってはアイロンよりずっといい場合も多いです。

髪が痛んでボロボロになってしまう前に

是非誰かに相談してみてください

 

お客様の思いを叶えるために我々美容師がいるので

きっと全力で力になってくれます。

 

この記事を書いた人
川合 じん

青森県青森市で美容師をしている川合じんです。ツヤツヤでまとまる髪と提供する美髪専門サロン『Natural』に勤務しています。
マンツーマン対応で、お客様のお悩みに真剣に向き合うことで、理想の髪を提供いたします。
髪のお悩みを抱える方や、美容室に不安を抱えるな方は是非一度ご相談ください。

川合 じんをフォローする

ラインでのご相談はこちら

LINE Add Friend

ご予約はこちら

クーポン・メニュー選択(ナチュラル 青森新町店(Natural))|ホットペッパービューティー

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました