ツヤのあるまとまる髪になる方法をご紹介

似合うヘアカラーの探し方!パーソナルカラーの簡単診断法を青森の美容師が解説

ヘアカラー

ヘアカラーの色を決める時

『自分にはどんな色が似あうのだろう』

『綺麗に見える色でカラーをしたい』

そう感じる人も多いと思います。

 

そんな人のために似合う色を簡単に診断できる方法をご紹介いたします。

せっかくカラーをするのであれば、自分に似合う色でカラーをしていきましょう。

プロフィール | 青森市 美容師 川合じん
川合 甚(かわい じん)経歴山野美容専門学校卒業2012年 関東大手サロン入社(さいたま市の支店勤務)トップデザイナー、副店長2020年退社現在青森県、青森市のサロン「Natural新町青森店」勤務&...

似合うヘアカラーの探し方!パーソナルカラーの簡単診断法

『パーソナルカラー』というものをご存じでしょうか?

『パーソナルカラー』とは、その人が一番きれいに見える色のことです。

 

この色を使うことで、『肌が明るく見えたり』『顔色が綺麗に見えたり』して自分に自信が持てます。

 

もちろん大前提としてヘアカラーでは、『好みの色を染める』ことが一番いいのですが、『色に迷っている』という人はこの『パーソナルカラー』を参考にしていきましょう。

 

自分に似合う色を診断するときは、

・手の平の色
・瞳の色

の2つで判断できます。

また、髪のもともとの色素を知ることで長持ちする色を知ることができるので、自分に合う色を探していきましょう。

 

パーソナルカラーの種類

『パーソナルカラー』には4種類あります。

・スプリング(春)
・サマー(夏)
・オータム(秋)
・ウインター(冬)

と季節の用語で分類され、いくつかの要素を持っている人が多いです。

スプリング(春)

スプリングのカラーが似合う人は、『明るく華やかなキュートな印象』です。

少し薄いカラーが似合い、ピンク系やオレンジ系が似合います。

 

サーモンピンクやゴールドブラウン、オリーブブラウンなどの色が綺麗にみえて『かわいい雰囲気』に見えるものが似合う傾向にあるので、洋服やアクセサリーもフェミニンやキュートの要素を好む人に多いです。

 

髪型も、前髪を作ったり、ゆるふわのカールなどが似合うでしょう。

ヘアカラーは、ピンク系や暖色カラーがオススメです。

サマー(夏)

サマーの雰囲気の人は、『少しエレガントで上品な雰囲気』です。

薄いパステルカラーがよく似合い、水色や黄緑、ベージュなどのカラーが似合います。

 

うっすらとブルーがかったカラーやホワイトを混ぜたようなカラーがファッションでもオススメです。

長めの前髪で『シースルーバング』を作ったり、分け目は8対2で分けて大人っぽい雰囲気も似合います。

 

ヘアカラーは、淡い色合いを作ったり、アッシュ系やベージュ系がオススメです。

オータム(秋)

オータムの似合う人は、『大人っぽく落ち着いた印象』です。

唇に赤身が少なくマットな肌でアース系のカラーが似合います。

 

ブラウンや、モスグリーン、ブロンズなどの色を使ったファッションがオススメ。

またシルバー系のアクセサリーより、ゴールド系のアクセサリーが似合います。

 

髪型は、前髪が作らないスタイルや、レイヤー『段』を入れた自然な動きのあるスタイルがオススメです。

ヘアカラーでは、ダークトーンのカラーがよく似合います。

 

ウインター(冬)

ビビットカラーや無彩色の色が似合うのがウインタータイプです。

『かっこいい雰囲気』や『モダン、クラシックイメージ』のカラーやファッションがオススメです。

 

個性的の印象もあるのが特徴で、ヘアカラーでは『バイオレット』『ワインレッド』『ブラック』などはっきりした色合いがオススメです。

またヘアスタイルは、センターパートや、レイヤーをあまり入れないスタイル、前下がりなどのスタイルがオススメです。

似合うタイプは一つではない

パーソナルカラーは一つだけではありません。

サマーよりのウインター、オータムとサマーの組み合わせなどなど様々なので、絶対にこれでなくてはいけないなんてことはありません。

 

あくまでの参考にというイメージを忘れないようにしましょう。

 

また、髪に色は基本的にブラウンが混ざってくるので、100%パーソナルカラー通りにはなりません。

ですが、イメージのカラーをくわえることで、より似合う色を楽しむことができます。

髪

パーソナルカラー診断方法

パーソナルカラーは肌の色や目の色、骨格、唇の色、顔型など様々な要因から診断することができます。

これをより簡単に診断する方法として

・手の色
・瞳の色

の2つで大まかな判断が可能になります。

まず手のひらを見てみましょう。

手のひらを開いてみてください。

肌の色は、日に当たることで日焼けして色が変わっているので、手のひらがもともとの色を正確に判断できます。

 

この色が『ピンクがかっている人』と『黄色がかっている人』がいます。

 

『ピンクがかっている場合』は、うっすらとピンクだったり、色白だったりする場合です。

この人は、『ブルーアンダーベース』と言って

『ウインター』か『サマー』の要素があります。

よりピンクが強い場合は『ウインター』でうっすらピンクの人は『サマー』であると言えます。

主に、寒色系のカラーが似合うでしょう。

 

『黄色かかっている』場合は、『イエローアンダーベース』といいます。

この場合、『オータム』や『スプリング』の要素があります。

より黄色が強い場合は『オータム』でうっすら黄色の場合は『スプリング』と言えます。

主に、暖色系のカラーが似合います。

カラー

 

次に瞳の色を見てみましょう。

この時はなるべく白色光のしたで確認しましょう。

瞳の色が『薄い茶色』の場合と『濃い色』も場合があると思います。

 

『薄い茶色の場合』は『スプリング』か『サマー』です。

手のひらの色がピンクで瞳が薄い色の場合は『サマー』になり、

手のひらの色がイエローで瞳の色が薄いと『スプリング』です。

 

また、『濃い色の瞳』の場合は、『オータム』か『ウインター』です。

手のひらの色がピンクで瞳が濃い色の場合は『ウインター』になり、

手のひらの色がイエローで瞳の色が濃いと『ウインター』です。

自分に似合う色は?

スプリングの人は、

手のひらが薄いイエローで瞳の色も薄いです。

瞳がらいとブラウンでガラスのようにキラキラしていることが多いです。

 

この場合、明るめのカラーで暖色系(オレンジやピンク)がオススメです。

 

サマーの人は

手のひらが薄いピンクで瞳の色も薄いです。

ダークブラウン系の瞳で、渕がくぼんでソフトな印象があります。

 

この場合、明るめのカラーでアッシュ系やベージュ系を選んでいきましょう。

 

 

オータムの人は

手のひらがはっきりとしたイエロー系で瞳が茶色いです。

ダークブラウンの深みのある瞳の色が特徴

 

この場合、暗めのカラーでブラウンや、暖色系のカラーが似合います。

 

ウインターの人は

手のひらがピンク系で、瞳がはっきりとした黒です。

瞳の白と黒のコントラストがはっきりとしていることが多いです。

 

この場合は、ビビットカラーやバイオレッド、ブルー、ブラックなどはっきりとした色がオススメです。

まとめ

いかがでしたか?

手の色と瞳の色で、パーソナルカラーを診断することもできます。

詳しく知りたい場合はしっかりとした診断が必要ですが、ヘアカラーを選ぶ参考としてはこの方法で十分可能です。

 

カラーで迷った場合は、似合う色を見つけ挑戦してみてもいいかもしれません。

また、ハイライトやローライト、部分カラーでこのパーソナルカラーの色を使っていく方法もオススメです。

 

 

この記事を書いた人
川合 じん

青森県青森市で美容師をしている川合じんです。ツヤツヤでまとまる髪と提供する美髪専門サロン『Natural』に勤務しています。
マンツーマン対応で、お客様のお悩みに真剣に向き合うことで、理想の髪を提供いたします。
髪のお悩みを抱える方や、美容室に不安を抱えるな方は是非一度ご相談ください。

川合 じんをフォローする

ラインでのご相談も承っております。

LINE

ご予約はこちら

クーポン・メニュー選択(ナチュラル 青森新町店(Natural))|ホットペッパービューティー

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました