ツヤのあるまとまる髪になる方法をご紹介

アミノ酸系シャンプーとは?髪にいいシャンプーを青森の美容師が徹底解説

シャンプー

髪にいいシャンプーとして『アミノ酸系シャンプー』がいいというを聞いたことがある人も多いと思います。

 

毎日使うものだから、シャンプー選びにはこだわりたい!

なんとなくアミノ酸系シャンプーがいいと聞いたから使ってみようかな…

そんな人のためにアミノ酸系シャンプーとは何なのかをご紹介していきます。

プロフィール | 青森市 美容師 川合じん
川合 甚(かわい じん)経歴山野美容専門学校卒業2012年 関東大手サロン入社(さいたま市の支店勤務)トップデザイナー、副店長2020年退社現在青森県、青森市のサロン「Natural新町青森店」勤務&...

アミノ酸系シャンプーとは?髪にいいシャンプー

シャンプー剤を選ぶときに『アミノ酸系シャンプー』をすすめられた人も多いのではないでしょうか?

美容室でのシャンプーや、ちっといいシャンプーを選ぶときによく使われているのが『アミノ酸系シャンプー』です。

 

このアミノ酸系シャンプーとは

シャンプーで使われている洗浄成分のことです。

 

洗浄成分が優しく、髪に栄養を与えてくれる処方になっているものが、『アミノ酸系シャンプー』です。

 

実は、髪にいいシャンプーはこの『洗浄成分』でいくつかの種類があり、髪の悩みや、求める質感によって変わってきます。

・石鹸系

・アミノ酸系

・高級アルコール系

・ベタイン系

・タンパク質系

etc…

と数多く存在し、『高級アルコール系』でなければ、髪にいいシャンプーと言えます。

 

その中でアミノ酸系は

・カラーやパーマをしている人

・髪のダメージが気になる人

・皮脂が出にくい人

などにオススメです。

 

特徴を知り、正しいシャンプーを選んでいきましょう。

シャンプーの原理

シャンプーは、皆さん知っての通り、髪や頭皮の汚れを落とす為のものです。

 

泡で頭皮や髪の油分を分解し浮かせてくれることで汚れが落ちてくれます。

髪がしっかり濡れているときに泡立ちがよくなるのですが、この『水分』と『油分』を分けてくれるのがシャンプーの役割です。

 

そしてその大きな働きをしてくれるのが『界面活性剤』という成分です。

界面活性剤

界面活性剤は、汚れを落とすものには必ず入っています。

洗剤や、洗濯剤、シャンプー、ボディーソープと泡だつものすべてです。

 

この界面活性剤が水を油を分解し、よごれを落としてくれるのです。

このように、水に馴染む部分と油に馴染む部分をもっていて、汚れ(油)をつつみこんで流してくれます。

この『界面活性剤』がシャンプーに入ってくることで、洗浄力につながってくれます。

どんなシャンプーがいいの?界面活性剤ってなに?青森の美髪アドバイザーが解説
誰もが憧れるツヤのある美しい髪… そんな髪の為のケアではシャンプー選びはとても重要です。 『シャンプーにもいろいろあってわからない。』 『自分に合うシャンプーは何だろう?』 そんなお悩みを解決するために、シャンプーの細かい解説とともに、髪質に合ったシャンプーの選び方をご紹介いたします。 どんなシャンプーがいいの?界面活性剤っ...

 

髪に悪いといわれるもの

すべてのシャンプーに入っている界面活性剤の中には、人体に悪影響のものもあります。

 

それは、頭皮や髪に負担を与えてしまうこのから、『悪いもの』として使用を控えるようにする場合が多いです。

この『髪や頭皮に悪い界面活性剤』が

高級アルコール系の界面活性剤です。

 

これは、シャンプー剤の裏を見ると、成分表示に『ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Na』と表記されています。

 

高級とは名ばかりで、『安い洗浄成分』なので、安価なシャンプー剤にはほとんどがこの成分が使われているのです。

 

泡立ちがよく、しっかり洗浄してくれるのに加えて安いことでよく使用されています。

 

この『高級アルコール系』を使用しないシャンプーをすすめる時に『アミノ酸系シャンプーが髪にいい』といわれることが多いのです。

 

なので、『高級アルコール系』でなければ、他の成分のシャンプー剤でもOKなので、髪に合う洗浄成分を選んでいきましょう。

アミノ酸系シャンプーのメリット

髪にいい界面活性剤の中で『アミノ酸系』のシャンプーは、優しく洗ってくれるのが特徴です。

成分表記には

『ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNa』などと表記されています。

アミノ酸と表記されていればわかりやすいのですが…

 

このアミノ酸系は

・弱い洗浄力

・髪の栄養補給

が特徴です。

 

なので、敏感肌や、乾燥肌、ダメージ毛にオススメで、優しい洗が油分を取りすぎてしまうのを防ぎ、髪に栄養を入れてくれるものです。

 

・しっとりと保湿してくれるものが多いので乾燥した髪や頭皮に

・洗浄が優しいので、カラーの色もちがいい

という特徴があります。

アミノ酸系シャンプーのデメリット

アミノ酸系シャンプーが合わない人もいます。

そんな人は、石鹸系シャンプーなどを使用していきましょう。

 

・洗浄が優しい為、頭皮の油分を除去しきれない

・泡立ちが悪い

・栄養が多いのでアレルギーの可能性もある

 

弱い洗浄と栄養分が特徴のシャンプーなので、油分が多い人や汚れが気になる人にはオススメできません。

また、栄養分が多くないよう成分も多いのでアレルギーに敏感な人は痒みがでることもあります。

 

洗浄より栄養にこだわっているので泡立ちが悪くなってしまうので、しっかりとシャンプー前の流しを念入りにやっていきましょう。

自分に合うシャンプーを

すべての人が『アミノ酸系シャンプー』が合うわけではありません。

高級アルコール系を使うよりはいいのですが、自分に合っていないシャンプーは、髪や頭皮に負担を与えてしまいます。

 

アミノ酸系シャンプーがオススメな人は

・カラーやパーマをしている方

・頭皮の乾燥している方

・油分が少ない方

・髪のダメージが気になる方

・パサついて広がってしまう方

にオススメです。

 

また、アミノ酸系シャンーが合わない人は

 

・成分でアレルギーが出てしまった方

・油分が多い方

・髪や頭皮の汚れが気になる方

・しっかりとした泡で洗いたい方

・ペタッとしやすい方

・スタイリング剤を使う方

にはオススメできません。

 

そんな人は他の成分『石鹸系など』を使っていくことがオススメです。

ちなみに美容室でのカラーやパーマの前では、『石鹸系』を使用します。

それは、薬剤の反応を妨げない為や、余分な汚れをしっかり除去するためです。

 

なので、自分の髪や頭皮の状態や、なりたいイメージに合わせて使うシャンプーを選んでいきましょう。

詳しい他の洗浄成分についてはこちらを参考にしてみてください。

どんなシャンプーがいいの?界面活性剤ってなに?青森の美髪アドバイザーが解説
誰もが憧れるツヤのある美しい髪… そんな髪の為のケアではシャンプー選びはとても重要です。 『シャンプーにもいろいろあってわからない。』 『自分に合うシャンプーは何だろう?』 そんなお悩みを解決するために、シャンプーの細かい解説とともに、髪質に合ったシャンプーの選び方をご紹介いたします。 どんなシャンプーがいいの?界面活性剤っ...

 

また、シリコンなどもよく悪者として言われていることもあります。

これも正しい使い方もあるので興味のある方は参考にしてください。

 

ノンシリコンシャンプーって何?意外と知らないシャンプーの事実をご紹介『青森の美髪アドバイザーが解説』
皆さんはどんなシャンプーを使っていますか? 美容室のこだわりシャンプーや薬局で売っているシャンプー、最近では高価なシャンプーも一般で販売されています。 そこでよく耳にするのが『ノンシリコンシャンプー』。 髪にいい、頭皮にいい、でもごわつくかも… いろんな情報もあふれていてなんとなくは知ってるけど結局どんなものなのか詳しく解説していきま...

 

シャンプーを選ぶときに大切なのは、髪質や頭皮の状態をしっかり判断することです。

なかなか自分では難しい場合も多いのでそんなときは担当の美容師さんに相談してみましょう。

 

また、なかなか担当に美容師さんが見つからない場合は、いつでもご相談ください。

 

こだわり | 青森市 美容師 川合じん
髪のお悩み、なんとかしたいけど忙しさのあまり自分のことは後回し‥どんなケアがいいのかわからない‥そんなお客様もご安心ください!お客様のお悩みに真剣に向き合い、最適な方法で解決することでいつでも、どこで...
この記事を書いた人
川合 じん

青森県青森市で美容師をしている川合じんです。ツヤツヤでまとまる髪と提供する美髪専門サロン『Natural』に勤務しています。
マンツーマン対応で、お客様のお悩みに真剣に向き合うことで、理想の髪を提供いたします。
髪のお悩みを抱える方や、美容室に不安を抱えるな方は是非一度ご相談ください。

川合 じんをフォローする

ラインでのご相談も承っております。

LINE

ご予約はこちら

クーポン・メニュー選択(ナチュラル 青森新町店(Natural))|ホットペッパービューティー

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました