ツヤのあるまとまる髪になる方法をご紹介

シャンプーで髪がきしむ原因と解決法を青森の美容師が解説

シャンプー

髪の毛がきしむ…

そんなお悩みは意外に多いです。

 

シャンプーをかえた途端きしむようになってしまった…

同じシャンプーを使いつづけているけど最近髪がきしむ…

 

綺麗な髪にしたいのにきしんでひっかかってしまうととても気になりますよね。

 

今回はそんな「髪がきしむ原因と解決法」をご紹介いたしあます。

 

プロフィール

川合 甚(かわい じん)

プロフィール | 青森市 美容師 川合じん
川合 甚(かわい じん)経歴山野美容専門学校卒業2012年 関東大手サロン入社(さいたま市の支店勤務)トップデザイナー、副店長2020年退社現在青森県、青森市のサロン「Natural新町青森店」勤務&...

シャンプーで髪がきしむ原因と解決法を青森の美容師が解説

シャンプーで髪がきしむ原因は2つあります。

 

・洗浄力が強すぎてしまう場合

・コーティングが無いシャンプーの場合

 

このどちらでも髪がきしみやすくなってしまうのです。

 

「シャンプーにこだわったことが無かった!!」

という方は、記事の前半をご参考ください。

洗浄成分の選び方をご紹介します。

 

また

「美容室で買ったシャンプーなのに使ってみたら髪がきしむ」

という方は記事の後半で、その原因と合うシャンプーの選び方をご紹介いたします。

 

シャンプーをこだわったことがない方は

髪がきしむようになってしまう原因は、

・油分を取りすぎてしまうから

・髪の表面のキューティクルがひろがっている

この2つが原因です。

 

髪は油分に覆われていることでツヤが出たり、手触りに影響していきます。

髪のダメージ図

この油分がなくなってしまったり、表面のウロコ状のキューティクルが開くことでごわつきやひっかかりになってしまっています。

 

いままでは気にならなかった場合は、

・カラーやパーマなどの薬剤施術でのダメージの蓄積

・紫外線やアイロン、ドライヤーでのダメージの蓄積

で髪の負担が大きくなり、シャンプーの洗浄力に耐えられなくなってしまった可能性が大きいです。

 

その「洗浄力が強い」ものは

ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなど、成分名に硫酸と入るもの。

裏の成分を見るとこのような成分がはいっています。

 

ですがよくわかりにくいですよね(-_-;)

 

これは泡立ちや洗浄に必要な成分の種類のことです。

これが入っていないシャンプーを使うのが一番いいのですが、市販のシャンプーにはすべてはいっています。

 

市販品の特徴は

・シャンプーだけで洗った瞬間の手触りをよく

・泡立ちをよく

をメインに製品を作っています。

なので

・安いくて

・泡立ちがいい

・シリコンコーティングでツルっとさせる

というのが市販品の特徴です。

 

なので成分として安く大量生産しやすい「ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Naなど」を洗浄成分としてどうしても入ってしまうのです。

 

 

これは必要以上に洗浄が強く、髪や頭皮に負担を与えてしまいます。

健康な髪であれば問題はないのですが、ダメージが進んでくるとこの強い洗浄で髪がゴワゴワしたりきしんでしまったりするのです。

 

なので、信頼できる美容師さんに髪の状態に合ってシャンプーを紹介してもらうことがオススメです。

どんなシャンプーがいいの?界面活性剤ってなに?青森の美髪アドバイザーが解説
誰もが憧れるツヤのある美しい髪… そんな髪の為のケアではシャンプー選びはとても重要です。 『シャンプーにもいろいろあってわからない。』 『自分に合うシャンプーは何だろう?』 そんなお悩みを解決するために、シャンプーの細かい解説とともに、髪質に合ったシャンプーの選び方をご紹介いたします。 どんなシャンプーがいいの?界面活性剤っ...

 

美容室のシャンプーと市販シャンプーの違いを青森の美容師が解説
皆さんはどんなことを基準にシャンプーを選んでいますか? ・香り ・効果効能 ・洗いあがり など様々ですが、 シャンプーは毎日するものなので、シャンプー剤を見直すことで髪の悩みの改善につながることもあります! 今回は、美容室のシャンプーと市販のシャンプーの違いをご紹介していきます。 プロフィール...

 

美容室のシャンプーを使っているのに髪がきしむ

いいシャンプーを使えば髪がいい状態になるのではありません。

髪や仕上がりに合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

 

いいシャンプーを使ってもきしんでしまう原因は

・栄養補給がメインでコーティングが全くないシャンプートリートメント

・頭皮をメインにケアするシャンププートリートメント

このどちらの場合もきしみやすいのが特徴です。

 

栄養補給がメインの場合

コーティング成分がほとんどなく、栄養補給がメインのシャンプーもあります。

この場合は、手触りに直接影響する成分がないのできしみやすいです。

 

ですが、悪い分けではなく

「使いはじめはきしみやすい」

というだけで、栄養が髪に補給されていくことでツヤも手触りもよくなる場合が多いです。

すぐには効果は出ないので、2,3か月は使いつ続けることをオススメします。

 

シャンプーとトリートメントでコーティングが少ない場合は、

洗い流さないトリートメントでオイルタイプを使い、コーティングしてからドライヤーをすることで手触りも大きく変わってくるのでおすすめです、

 

頭皮ケアがメインのシャンプー

頭皮ケアを考えたシャンプーはコーティングや髪の栄養は少ないです。

頭皮に栄養を与える成分が多く、髪のコーティング成分は頭皮に最適でない為に入っていません。

 

なので、きしみやすい傾向にあります。

・頭皮が気になる

・細毛に悩む

場合はオススメなのですが、

「髪のダメージが気になる」場合は違うシャンプーを使うことをオススメします。

まとめ

シャンプーできしむ原因は

・洗浄が強すぎる

・コーティングが無い

のが原因です。

 

きしむのが気になるときは

・今まで市販品を使っていた方は⇒美容室専売品を使ってみましょう

 

・美容室のシャンプーできしむ場合は

「2,3か月使いつづけて、コーティングの洗い流さないトリートメントを使う」

「頭皮用のシャンプーでないものをつかってみる」

今使っているシャンプーの特徴を再確認してどちらかで選んでいきましょう。

 

この記事を書いた人
川合 じん

青森県青森市で美容師をしている川合じんです。ツヤツヤでまとまる髪と提供する美髪専門サロン『Natural』に勤務しています。
マンツーマン対応で、お客様のお悩みに真剣に向き合うことで、理想の髪を提供いたします。
髪のお悩みを抱える方や、美容室に不安を抱えるな方は是非一度ご相談ください。

川合 じんをフォローする

ラインでのご相談はこちら

LINE Add Friend

ご予約はこちら

クーポン・メニュー選択(ナチュラル 青森新町店(Natural))|ホットペッパービューティー

コメント

タイトルとURLをコピーしました