ツヤのあるまとまる髪になる方法をご紹介

自分の髪はどんな髪質?自分でできる髪質診断方法を青森の美容師が解説

ヘアケア

自分の髪質は、どんな髪質なのでしょうか?

よく『こんな髪質の人はこんなケアがオススメです』

などのものを見かけますが、『自分の髪質がよくわからない!!』

という声をよくお聞きします。

 

そんな方のために、『自宅でできる髪質診断方法』をご紹介いたします。

 

プロフィール

川合 甚(かわい じん)

プロフィール | 青森市 美容師 川合じん
川合 甚(かわい じん)経歴山野美容専門学校卒業2012年 関東大手サロン入社(さいたま市の支店勤務)トップデザイナー、副店長2020年退社現在青森県、青森市のサロン「Natural新町青森店」勤務&...

自分の髪はどんな髪質?自分でできる髪質診断方法

髪質に合わせてケア方法やスタイルリングなどの方法が変わってきます。

なので、髪質を知ることが、理想の髪に導く一番の近道になるのですが、

『自分はこんな髪質だ』と思っていても実は違うことも多いです!!

 

美容師はいろんな人の髪に携わるので、髪質を判断するのは簡単ですが、普通の人は、自分以外の髪を触る機会がありません。

なので、人と比べるこのができないので、自分の髪質がどんな髪なのか判断するのがとても難しいです。

 

そんな時自宅でできる簡単な方法が

・指に髪を巻きつける⇒戻り方を見る

・濡れている髪を引っ張ってみる

・髪の特徴で判断する

この3つの方法です。

 

自分の髪質を知り、理想の髪に導いていきましょう。

髪質の4つの種類

髪質には大きく分けて4つの種類があります。

・髪が細い

・髪が太い

・髪がやわらかい

・髪が硬い

この4つの組み合わせで髪質がほとんど決まってきます。

 

多くの場合が

『髪が細くて柔らかい人』『髪が太くて硬い人』

 

稀に

『髪が細くて硬い人』『髪が太くて柔らかい人』

がいらっしゃいます。

 

あなたはどんな髪でしょうか?

 

まずは、髪が硬いのか、柔らかいのかを知り、そのあと太いのか細いのかを調べていきましょう。

 

髪の柔らかさのチェック方法

 

まずは髪が、硬いのか柔らかいのかをチェックしていきましょう。

 

方法は三つあります

①髪を10センチ以下の長さでもってまっすぐ立ててみる

この時、立ったまままっすぐになった場合は、硬い髪です。

また、ふにゃっと曲がった場合は柔らかい髪になります。

 

②指に巻き付けてから、もとに戻してみる

硬い髪の場合巻きつけた後にすぐに戻ります。

柔らかい髪の場合は、すぐに戻らず、曲がった状態になります。

 

③濡れた髪を引っ張ってみる

簡単にゴムのように伸びた人は柔らかい髪です。

なかなか伸びない人は硬い髪になります。

 

①、②,③ですべて当てはまった場合は、より硬いかより柔らかい髪の人です。

2つ以上あてはまった場合は、どちらかというと硬いor柔らかい髪ということです。

 

髪の太さのチェック方法

ほとんどの人は

硬い髪の場合⇒太い髪

柔らかい髪の場合⇒細い髪

である場合が多いのですが、稀に『硬いけど細い髪』『柔らかいけど太い髪』の場合もあります。

 

この判断は難しいので、特徴に当てはまる方を探してみてください。

どちらの特徴も多い場合は普通毛になります。

 

太い髪の場合

髪が太い場合はメリットとして

・ツヤが出やすい

・ダメージしにくい

・切れ毛が少ない

などがあります。

またデメリットでは、

・髪が重く見える

・ボリュームが出やすい

・カラーで明るくなりにくく、特にパーマがかかりにくい

 

髪のダメージによるので一概には言えませんが、太い髪の場合は、『ダメージしにくく、カラーやパーマなどが反応しにくい』ことが多いです。

 

またダメージしにくいことから、ツヤが出やすかったり、パーマや縮毛矯正などが綺麗にかかりやすかったりします。

 

太い髪の色

太い髪は髪の色が黒い人が多いです。

地毛が黒々としていて、カラーでは赤身が残りやすく暖色系の色が綺麗に出やすいです。

逆にアッシュなどの寒色系は綺麗に出にくく色落ちも早くなります。

細い髪の場合

髪は細い場合のメリットは

・柔らかい質感が作りやすい

・カラーで透明感が出やすい

・髪をすかずに作れるので綺麗なスタイルを作りやすい

 

デメリットとして

・髪がダメージしやすい

・カラーの退色後、明るくなりやすい

・乾燥して見えやすい

・絡まりやすい

などの特徴があります。

 

細い髪の場合、スタイルが綺麗になりやすいので、雑誌や撮影のヘアスタイルモデルでは、必ず細い毛のモデルが採用されるほどです。

ですが、髪のダメージにはつながりやすいので、繰り返しのパーマやカラーなどは注意していきましょう。

 

細い髪の色

細い髪の色は

地毛が茶色いことが多く、透明感ある外国人風カラーや、アッシュ系の色が綺麗に出やすいです。

ですが、退色も早く、黄色っぽくなりやすいのが特徴です。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

自分の髪が当てはまったものが多いもので判断することができます。

 

『太くて硬い』

『太くて柔らかい』

『細くて硬い』

『細くて柔らかい』

 

それぞれの髪質によって日々のケア方法も変わりますし、パーマやカラー、ヘアスタイルのオススメものも変わってきます。

 

一番は担当の美容師さんに聞いてみる方法がオススメですが、自分でも判断できる方法もあるもで、是非試してみてください。

 

自分の髪質を知り、正しいケアで理想の髪にしていきましょう!

 

この記事を書いた人
川合 じん

青森県青森市で美容師をしている川合じんです。ツヤツヤでまとまる髪と提供する美髪専門サロン『Natural』に勤務しています。
マンツーマン対応で、お客様のお悩みに真剣に向き合うことで、理想の髪を提供いたします。
髪のお悩みを抱える方や、美容室に不安を抱えるな方は是非一度ご相談ください。

川合 じんをフォローする

ラインでのご相談も承っております。

LINE

ご予約はこちら

クーポン・メニュー選択(ナチュラル 青森新町店(Natural))|ホットペッパービューティー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました